【ガンバスーパーエリート】セレクションはどんな雰囲気?子供が緊張しないように私がした3つのポイント!

子供が緊張しないためには ガンバスーパーエリート

スポンサーリンク

こんにちは!
IROHAです!

息子が2020年度ガンバ大阪スーパーエリートクラスのセレクションを受け合格したので、その体験談を書いていこうと思います!

 

息子は大きな試合やカップ戦の時はとても緊張するようですが、セレクションの緊張は試合の緊張とはまた全く違った緊張だったようです…!!

 

セレクション当日の雰囲気はどんな感じなのかな?
審査の内容は何をするのかな?と不安に思ったりしませんか?

 

事前にわかっている事があると、安心してセレクション日を迎えられると思います!

そこで今回は、

  • セレクションの内容と雰囲気
  • 子供が緊張しないようにした3つのポイント!

について紹介していこうと思います。

この体験談が、今後セレクションを受ける方の参考になればいいな、と思います!
是非最後までチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

ガンバ大阪スーパーエリートクラスの内容と雰囲気は?

セレクションの内容は試合形式で、

まずは軽くアップをする
・アップ終了後、試合形式でのセレクション
・試合を重ねるにつれて、雰囲気がなごやかになってくる

という感じでした!

以上、詳しく説明していきます!

セレクションの内容は?

受付をした後にビブスが配られ、ビブスの色でチーム分けされます。

セレクション終了までは、同じ色のチームの人とずっと一緒に行動します。

 

まずは、全員で準備運動(アップ)です。

軽くランニングをしたり、二人一組でパス合いをしたりします。

アップの内容は審査に含まれていないと思いますが、もちろん全員真剣に取り組んでいました。

 

アップ終了後、コーチから説明があり、すぐに試合に入ります。

 

ポジションは子供達自身で決めます。

息子は、ガンバ大阪以のJリーグチームのセレクションも受験しました。

そのチームでのセレクションの際はコーチからポジションを指定されたので、色々なポジションをまんべんなく経験できました。

ガンバ大阪では子供達自身でポジション決めをするので、意見をはっきり言える子、言いにくそうにしてる子もいました。

 

また、決め方も話し合で決めるチームもあれば、じゃんけんで決めるチームもあり、自由な決め方です。

同じポジションばかりになる子や、自分の苦手なポジションになる子もいたりしました。

しかし、チームプレーですので、自分が得意とするポジションを押し通す事だけがチームの為にはなりません

ポジション決めの話し合いの時点から、コミュニケーション能力が問われているのかな、と感じました。

 

とは言え、ポジション決めの場面をコーチが見ているわけではなく、子供達だけで輪になってどうするか決めていましたので、コミュニケーション能力が審査に関わる事はなさそうです。

どうしても自分の慣れたポジションでアピールしたい子供は、ここで自分の意見を出せるかどうかも大事なのでしょうね。

 

ポジションを決めたら、チーム毎に試合をしていきます。

二試合連続で試合になる時もあれば、休憩がある時もあります。

 

コーチが10人程度で試合を見守り、一人一人の試合中の動きを記録されていました。

 

息子が良かった点は、自分のポジションで関わるべきタイミングではボールに触るように果敢に動くようにしていた事です。

得点を決める事ができれば大きなアピールになります。

しかし、息子は1次セレクションの時に得点を1点いれたのみで、他の試合では得点をいれていません。

それでも合格を頂けた事から、必ずしも得点をいれる事が合格の条件ではない事がわかります。

試合の流れを読み、いかにチームに貢献しながら個々の力を出すのか、が問われているのだと思います。

 

一回のセレクションで3~4試合程度しました。

1試合、前半後半などはなく、5分程度で1試合なので短い時間の間でどう動けるかが大事です。

 

全試合が終わればセレクション終了です。

集合して、コーチから合格発表の為の書類を配られ、解散になります。

セレクションの雰囲気は?

受付前、友達と一緒に来ている子はおしゃべりをしていました。

友達と一緒ではない子はする事もなく、ただ受付開始を待つだけの状態でした。この時が一番緊張するのではないかと思います。試合が始まってしまえば、大好きなサッカーをする事で緊張がほぐれます。

息子も、受付前が一番緊張していたと思います。一次も二次も友達と一緒だったので、見た目では緊張していないように見えましたが、内心は緊張していたそうです。

 

いざ受付をし、チーム分け後のアップの時点ではまだ気持ちが固いようですが、試合に入ると緊張が少しずつほぐれるようでした。

ポジション決めで少しチームメイトと話をし、試合を1回すると、どんどん仲良くなっていく様子が遠くから見ていてもわかりました。

 

休憩の間にチームメイトと話をし、

  • 大阪のチームの人がいた
  • 他にもセレクション受けて受かっている人もいた
  • 試合であたった事のあるチームの人がいた

など、大好きなサッカーという共通の話題があるので盛り上がるようです。

 

息子はチームメイトと仲良くなりすぎてしまい、あまりにもリラックスしてしまったので、見ていて逆に心配になるほどでした…

他チームが試合をしている時にゴール間近でチームメイトと談笑したり、ボールの上に座ってリラックスしていたりと、マナーの悪さにこちらがドキドキしてしまいました。

二次の前には、技術面では何のアドバイスもしませんでしたが、リラックスしすぎないように、というアドバイスだけはしました。

 

セレクションを受ける前は、学校の受験会場のようにピリピリしていたりするのかな、と思っていましたが、全くそんな事はなく、良い雰囲気でセレクション受験ができました。

子供が緊張しないようにした3つのポイント!

メンタル面がプレーに出やすい息子。

緊張して自分の本来の力が出せない事が一番もったいないと思い、子供が緊張しないように気をつけたポイントが3つあるので紹介します!

一つ目のポイント

一つ目のポイントとしては、「子供の疑問には詳しく答える」事です。

セレクションとは全く関係のない質問でも、セレクション当日の事に関する質問には詳しく答えるようにしました。

「会場までどうやって行くの?」という質問には、「車で行くよ。大体1時間半くらいかかるから、受付30分前につけるよう、二時間前には出発するつもり」と答えました。

いつもであれば、「車で行く」「時間は適当」程度の答え方しかしない私ですが(笑)息子の中で当日のイメトレをしているのかな、と思うような質問には詳しく答えるようにしました。

 

また、「何を持っていったらいい?」という質問には、「タオルはこのタオルがふきやすくてコンパクトになるからいいんじゃない?このタオルを持って行ったこの前の試合も勝ったし」など、無理矢理ポジティブに答えました。

二つ目のポイント

二つ目のポイントとしては、「サッカーに関するアドバイスはしない」事です。

親は二人ともサッカー経験者ではありません。

普段の試合でも、サッカー経験者の親御さんは技術面でのアドバイスをされていますが、私達にはサッカーに関する適格なアドバイスをする事ができません。

それでも、つい「狙える時はシュートをしような!」「ドリブルで持っていける時はドリブルで!」などと素人目線から言ってしまいがちになります。

サッカー未経験者の私達にそんなアドバイスを受けたところで、何の役にも立ちません。リアルタイムな声掛けならまだしも、保護者の声は子供には届かないくらい遠い所で見学をします。

 

また、所属チームのコーチが普段おっしゃるには「保護者からのアドバイスは子供が混乱します。コーチと子供達に任せて、保護者の方は応援に徹して下さい。それが一番子供の為になります」との事。

事前にサッカーに関するアドバイスはせずに、とにかく自分が思うようなプレーをしておいでと送り出しました。

三つ目のポイント

三つ目のポイントとしては、「人と比べない」事です。

セレクションの申し込みが始まると、同じチームの子や、同じスクールの子がどこどこのセレクションを受けるらしい、などの情報がどこからともなく入ってきます。

あいつは自分より上手だしな…という気持ちが息子に見えても、絶対に人と比べるようにしない事を心掛けました。

それはセレクションに限らず、普段からそうしています。

 

サッカーに詳しくない私から見ても、色々なタイプの選手がいます。

どかん、と一発決定力がある子、とにかくドリブルが上手でボールさばきができる子、試合の流れにのるのが上手な子がいます。

それぞれの良い所がのびていけば、楽しくサッカーができるだろう、というのが私達両親の願いです。

 

ドリブルも、シュートも、攻撃も、守備も、全てが上手である必要はなく、周りに上手な子がいても決して比べないようにしました。

 

以上、セレクションだから心掛けたわけではないポイントもあります。

しかし、普段から心掛けていた事が良い結果をうんでくれたのかもしれない、と今になっては思います。

まとめ

今回は、

  • セレクションの内容と雰囲気
  • 子供が緊張しないようにした3つのポイント!

について紹介しました。

セレクション前に一番知りたい情報は、セレクションの内容だと思います。
私もそうでした。
内容を知る事で、親子で不安になる事なく、子供が不安になる事なくセレクションを受ける事ができるといいな、と思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました